日本での普及はまだここから

日本での普及はまだここから

一般的に、アメリカやスウェーデンの10倍、またドイツの5倍日本は遅れていると言われていますのです。歯科に限らず最新の医療が日本で普通に使われていくまでにはやはり10年ほどかかってしまいましたとしてましたんだとしてましているのです。それは一度欧米で開発された技術をもう一度それが安全か、本当に効果があるかを確認するためです。それからしばらくしてから一般の医院に治療法が広まっていくことにします。インプラントの治療については更に、医師自体の治療技術が求められますので、当時まだ入ってきたばかりのインプラントをうまく扱うことができませんでした。しかし現在では、歯科医師それぞれが積極的に技術を学んでいます。日本での普及はまだ今からここからということであります。また、歯科医療に対する考え方も変化していくことでしょう。実際他国では歯科は保険の対象ではありませんし、歯の汚い人は就職が出来なといった国もあげられます。歯が駄目になるのは自己管理能力の低さだとされてしまうほどなんです。歯は痛くなったら削れば良い、という時代は終了してしまおりました。

page top